検索
  • 千華 下門

半沢直樹が伝えるリーダー像とは?

毎週日曜21:00~の「半沢直樹」が終了し、少しロス気味となっている下門です。 いやぁ~、今回はさすがに、「顔芸」や「現代ドラマ歌舞伎」の癖が強く、観だしたころは、ちょっとやりすぎだなという違和感を抱えながらも、視聴していましたが、回を重ねるごとに、まんまと胸に刺さり、鷲掴みされてしまいました(笑)


たくさんの名言があるなかで、私が心に刺さった名言を勝手にランキングしてみました! ★No.1 「未来を見据えるんだ。大事なのは、感謝と恩返しだ。その2つを忘れた未来は、ただの独りよがりの絵空事だ。これまでの出会いに感謝し、その恩返しのつもりで仕事をする。そうすれば、必ず明るい未来が拓けるはずだ。成功を祈る!」 ★No.2  「大事なのは、”どこで”働くかじゃない!”どう”働くかだ!」 ★No.3  「どんなに素晴らしい伝統でも、それに縛られて生きる力を失えば、未来に引き継ぐことができません」


半沢がバンカーとして、どんな状況でも企業の成長性を見出し、 経営・組織強化 の再建、部下を成長させるチャンスを与えたり、敵対していたメンバーをも味方につける人脈戦術に、お見事と言わざるを得ませんでした。


最終回の視聴率44%越えをたたき出した理由の一つに、半沢の「信念」に魅了されたと感じます。 ①正しいことを正しいことと言えること ②ひたむきで誠実に働いたものがきちんと評価されること。

是非とも、部下を持つリーダー、上にたつリーダーが取るべき「信念と行動を一致」させ、この激変する時代に、リーダー自らが変わり、明るくやりがいある組織づくりをしていきたいなと感じました!


今月と来月にかけて、某職員様の幹部クラスへ『リーダー研修』を実施します!部下へTeachingではなく、Coachingのスキルアップを早速実施していただくよう、こちらも熱血指導します!

2回の閲覧0件のコメント